リボ払いとは?メリット・デメリットを解説

最近よく耳にするリボ払い。

具体的にリボ払いについて知らない方も多いと思います。

今回はクレジットカードマニアの私が、リボ払いの仕組みメリットとデメリットについて、分かりやすく教えます。

リボ払いとは?

クレジットカードの支払い方法の一つで、正式名称をリボルビング払いと言います。

毎月の支払額を一定に固定し、固定額+利息を返済する支払い方法です。

分割払いとの違い

分割払いは商品・サービスの購入時に、支払い回数を決めて、分割して返済する支払い方法です。

分割払い支払い回数を決めて返済
リボ払い支払い金額を決めて返済

リボ払いと分割払いどちらの方がお得?

「結局、分割払いとリボ払い、どっちがお得なの?」と疑問を持たれる方もいるでしょう。

結論から言うと、明確な答えはありません。

分割払いは購入金額に対して金利がかかり、リボ払いはリボ残高に対して金利がかかるので、支払い回数によってはリボ払いの方がお得になるケースもあります。

また、繰上げ返済すれば、利息が軽減され、リボ払いの方がお得になるケースもあります。

状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

 

余談ですが、カード会社によっては分割払いとリボ払いのシュミレーションを行い、どちらがお得か教えてくれますので、迷った際はカード会社に問い合わせてみてください。

リボ払いの種類

クレジットカードによって異なりますが、大きく分けて2種類あります。

定額方式
支払額を一定に固定し、固定額+利息を返済する支払い方法です。
残高スライド方式
リボ残高によって返済額が変動する方式です。
例)リボ残高が20万〜10万の場合→1万+利息
リボ残高が10万未満の場合 →5千円+利息

メリット

リボ払いを利用するメリットをご紹介します。

支払い管理が楽

毎月の支払額を一定に固定できるので、支払い管理が楽になります。

お金がなくても商品・サービスを購入できる

手元にお金がなくても、商品・サービスを購入できます。急な出費の際に助かります。

余談ですが、カード会社によっては繰上げ返済が可能です。

高額な利息を防ぐためにも、繰上げ返済を活用しましょう。

デメリット

リボ払いを利用するデメリットをご紹介します。

利息が高額になる場合がある

リボ払いの利息はリボ残高が増えるほど高額になります。

便利だからといって多用すると、リボ残高が増え、利息が高額になります。

繰上げ返済の活用や、支払額の変更を行い、リボ残高を減らす必要があります。

支払いが長期化する場合がある

リボ残高を把握しないと支払いが長期化する場合があります。

残高を把握せず、リボ払いを多用するとリボ残高が増え、取り返しのつかないことになります。

リボ残高を把握し、計画的に返済していく必要があります。

まとめ

リボ払いについてあまり良いイメージを持っていない人も多いですが、メリット・デメリットを理解した上で活用すれば、とても便利な支払い方法です。

カード会社によってリボ払いの金利やシステムが異なるので、事前に確認してから、リボ払いの利用をお勧めします。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。購入はこちらから。

CTR IMG